戸狩温泉 アルペンプラザ

  1. HOME
  2. 周辺のみどころ
  3. 信越トレイル・なべくら高原

信越トレイル 鍋倉高原 森の家

斑尾山から始まる日本一長い信越トレイルは、戦国の上杉謙信が川中島の戦いにおいて飯山城を拠点とした時にも利用された山道でもあります。長野県と新潟県の県境に位置する関田(せきだ)山脈の尾根上に延びる全長80kmに及ぶロングトレイルコースが注目を集めています。
アルペンプラザでは、トレイルと温泉が一緒に楽しめる信越トレイルプランをご用意いたしました。
ご都合に合わせた夕朝食やお弁当のご提供の相談のほか、トレッキングやスケッチなどご希望の場所もお教えしております。


信越トレイルは、関田山脈と新潟県境に広がる標高1000m前後の連山に各集落に繋がる峠道が作られ物流、文化交流などの役割を担ってきた道です。平成16年に信越トレイルクラブが設立された事で、歴史ある古道、旧道を復元し、ロングトレイル80Kmコースとしてスタートしました。起伏、峠も多いことから体力的に難しいとも言われた事もあり、現在では正式にスルーハイクが出来るようになりました。体力的に未熟なハイカーにも挑戦しやすい場所となった事でより人気も高くなっております。

※スルーハイクとは、80キロを比較的体力を温存して80キロを完歩するルートや、バスルートを考慮して安全に完歩するルートです。

戸狩温泉 アルペンプラザ

自然を学び生きる活力を取り戻す 自然の癒しと治癒的効果を歩いて体感 森林トレイル

いいやま湯滝温泉

信越トレイルの魅力は、歩きながら自然を学び、自然が与えてくれる恵みから、人生に活力を取り戻すことが出来る事ではないでしょうか。自然の中にある奇跡との出会い、幻想的な風景や思わず息を呑む風景との出会いに感動し、衰えた生きる力、生命力の根源を湧き起こさせる、そんな魅力が、このロングトレイル80キロに隠されているのかも知れません。
セクションガイド付きの6区間に分けられ、携帯電話の繋がる場所などの情報やルート設備なども整備され、初心者のためのガイド派遣も低価格で利用できるようになりました。 全体を6セクションに区切り各々のコースをおよそ1日ずつ走破する形式で、1セクション走行距離10km前後、およそ6時間を参考タイムとしてあげています。

信越トレイルの事であれば、アルペンプラザにて情報をお尋ねください、オーナーやマネージャーの信越トレイル踏破経験者が、その魅力や景観の良い場所、休憩に最適な場所などをお教えいたします。またその魅力は踏破した者でしかわからない、そんな語らいをロビーで寛ぎながら談笑していただけると良いかと思います。

公式信越トレイルサイト
非公式信越トレイルサイト :公式が認める非公式サイト


いいやま湯滝温泉

また、鍋倉高原森の家では、残雪の季節にブナ林の中を歩く『ブナ芽吹きツアー』などの企画への参加や【鍋倉山残雪と新緑のブナ林ショートハイク】、【里山ブナ林でのんびりお散歩】等、戸狩温泉に宿泊し【鍋倉山山頂と巨木の谷1dayトレッキング】などが楽しめる企画も提案されております。昨今では【ブナの森林ヨガ】も人気のある企画となっています。

鍋倉高原では、
関田峠に広がる森林浴歩道等、樹齢400年を越えるブナの樹、森太郎や6月まで残雪が残る光ヶ原など、グリーン期の戸狩温泉も見所が沢山あり、残雪のころのブナの芽吹きから紅葉の季節まで、季節を問わず楽しめる開田高原を楽しんでいただけます。


信越トレイルホームページでは、専用ガイドなどをご覧いただけます。
■森林浴コース  1.1km/40分     
■ブナ林コース  1.1km/40分
■森太郎コース  2.5km/2~3時間   
■鍋倉山コース  5km/4~5時間
■茶屋池コース  1.1km/40分
戸狩温泉は、信越トレイルの入り口ともなっています。
ブナ林に育まれたこの山脈は、16もの峠道が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれ、戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。遠い昔を思いながらのトレッキングは、感慨深いものもありますね。

戸狩温泉 アルペンプラザ

ページトップへ↑